示談か裁判か


交通事故の後の処理ですが、何も示談で終了とは限りません。場合によっては裁判になることも多くあります。特にどちらかが不服という場合は裁判になって争うこともあるでしょう。そのような時も弁護士がいると安心できます。

示談が上手くいかない場合、裁判に発展することがあります。その裁判の内容によってはなんと被害者が加害者になるということも漫画やドラマのようにある場合があります。といってもそのような逆転劇は早々ないですが、それでも求める賠償が少なくなるということが多くあります。それを避けるためにも弁護士を味方にしましょう。

示談時から弁護士がいることで、上手く示談で終わらせることも出来ますが裁判になることもあります。その際に今まで弁護士が参加していることで状況を上手く整理して適切な裁判を行っていくことが出来るでしょう。裁判に必要なのは証拠です。それを個人で用意するのは難しくなりますので、弁護士にやってもらうようにしてください。裁判まで経験のある弁護士なら上手く裁判を切り抜けてくれるので良い弁護士を探してください。

裁判にまでしたくないから上手く示談で収めたいと言う人もいることでしょう。そのような場合も弁護士により穏便に済ますための交渉を行ってくれます。そういった相談も弁護士は行っているので相談をしてみると良いでしょう。

参考|https://www.ko2jiko.com/flow/
交通事故発生から示談までの流れを掲載しているアディーレ法律事務所のサイトです。


About the Author

運営者