示談か裁判か


交通事故の後の処理ですが、何も示談で終了とは限りません。場合によっては裁判になることも多くあります。特にどちらかが不服という場合は裁判になって争うこともあるでしょう。そのような時も弁護士がいると安心できます。

示談が上手くいかない場合、裁判に発展することがあります。その裁判の内容によってはなんと被害者が加害者になるということも漫画やドラマのようにある場合があります。といってもそのような逆転劇は早々ないですが、それでも求める賠償が少なくなるということが多くあります。それを避けるためにも弁護士を味方にしましょう。

示談時から弁護士がいることで、上手く示談で終わらせることも出来ますが裁判になることもあります。その際に今まで弁護士が参加していることで状況を上手く整理して適切な裁判を行っていくことが出来るでしょう。裁判に必要なのは証拠です。それを個人で用意するのは難しくなりますので、弁護士にやってもらうようにしてください。裁判まで経験のある弁護士なら上手く裁判を切り抜けてくれるので良い弁護士を探してください。

裁判にまでしたくないから上手く示談で収めたいと言う人もいることでしょう。そのような場合も弁護士により穏便に済ますための交渉を行ってくれます。そういった相談も弁護士は行っているので相談をしてみると良いでしょう。

参考|https://www.ko2jiko.com/flow/
交通事故発生から示談までの流れを掲載しているアディーレ法律事務所のサイトです。


問題ない交渉を行う


示談交渉時に弁護士がいることで問題ない交渉をすることが出来ます。弁護士は知識や経験があります。特に交通事故の経験がある弁護士ならしっかりと交渉を受けて持ってくれます。ですから、弁護士がいることで多くのメリットを獲得することが出来るでしょう。

まず、交渉ですがとても面倒です。特に何もわからない状態から交渉してしまっては、損をしているのか、被害者として適切な賠償をもらっているのか判断できません。これが示談交渉で失敗している状態です。これを避けるために弁護士を雇うことで問題ない交渉を行ってくれます。適切な賠償金を提示してくれるし、何か問題があるならそれに応じた対応を行ってくれます。特に、加害者側から被害者側に不利になる交渉を行ってきた場合はそれを回避することも出来ます。素人だとその判断自体が出来なくて不利なまま成立させてしまう場合が多々あります。ですから、知識ある人に交渉を行ってもらいましょう。

示談で注意して欲しいのが早急に終わらせてはいけないときです。例えば、後遺障害です。後遺障害はこれの認定がされるまで時間がかかります。ですから、示談で早急に終わらせてしまったら場合によっては等級の賠償金を受け取ることが出来ません。ですから、こういった時も交渉が必要になります。交渉により時間を獲得して問題ない賠償を受けるようにしてください。


示談は被害者が弱い


交通事故の示談のですが、被疑者にもかかわらず立場が弱いということが多々あります。そのようなことがあり、示談交渉時に自分が求めるだけのものが獲得できないということがあります。当サイトではそういった立場の弱い人が弁護士を使うとどのようになるかについて紹介していきます。

示談交渉時に弱い理由としては、基本的に保険会社が交渉へとくることがあり、被害者は知識や経験がない素人が対応しないといけないことが多々あります。そのような状態でいろいろと交渉をしても上手くいかないのは当たり前です。圧倒的に経験や知識不足です。そして、場合によっては損しているのに気がつけないということがあります。

そこで弁護士に相談をすることです。弁護士に相談をして示談交渉時に居てくれるだけでいろいろと便利です。まず、知識がある経験があります。そして、歴戦の弁護士だからこそ知っているテクニックにより示談交渉時に被害者側か勝つことができるようになります。しかも、上手くやっていけば賠償金を沢山獲得できるようになります。

問題は示談の交渉です。交渉を上手くできるという普通の人はそこまで多くはないです。しかも、交通事故のですからどこまで交渉できるのかわからないという人がほとんどです。その交渉を弁護士に行わせることで適切な交渉を行っていき、問題ない示談を受けることが出来ます。場合によってはまた先のことを考えることもできるので、上手く弁護士を利用するようにしてください。